車を売却する時に必要となる書類

車を売却する時に必要となる書類

車を売却する時に必要となる書類についてご紹介します。

 

車を売る時には必ず買取り会社へ提出する書類があるので予め準備をしておいた方がいいでしょう。まずは車検証と言われる自動車検査証です。これは車検を受けたら更新する度に必ず発行されるものです。車の中に携行する事になっていますので車検証が手元に届いたら必ず保管しておく事になります。次は自賠責保険証です。車検を受ける際には必ずこの保険に加入する事になっています。

 

言わば強制保険と呼ばれるものです。売却する際にはこの自賠責保険証を紛失してたり、自賠責の保険期間が切れていたりしたら車を売る事はできなくなります。万が一自賠責保険証を紛失してしまった場合は各保険会社にて再発行ができますので必ず前もって手続きをしておきましょう。

 

車を売却する際に必要となる書類にはまだまだあります。次は印鑑証明書です。これはお住まいの市区町村に印鑑を登録するものです。ここで注意ですがいつ発行した証明書でもいいと言う訳ではありません。発行から3カ月以内のものが適用になりますので期日をしっかり把握しておきましょう。更に委任状と譲渡証明書です。こちらは買取り業者等で必要な書類を持っていますので実印にて押印します。
以上が車を売却する際に必要となる書類になります。書類の数も多くなりますので一つ一つ確認しながら用意するといいかもしれませんね。

 

カーセンサー ズバット車買取比較 かんたん車査定ガイド

リクルート運営の安心サイト! 

車の総合サイトで買取相場をチェック

超有名な車一括査定比較サイト。

最高10社の比較が可能です!
安心でユーザーも多数

たった数秒で入力完了!

最高10社の査定が分る事で人気のサイトです。

 

※楽天ショッピングを使うユーザーには、楽天の一括査定が人気!  見積もりで5ポイントゲット! 成約で5000ポイントのゲット〜

 

>>愛車を高く売りたいなら楽天で一括査定!