滋賀県 車買取り

車買取の基礎知識|重自動車税と車買取

乗らなくなった自動車を処分する方法として車買取りが選ばれています。
買取りとよく比較されるのが下取りですが、下取りは車買取りに比べると安いとされており、また、車買替え時に購入店でしか下取りをしてもらえないのがネックです。その点、買取りなら買取業者を自由に選ぶことができ、新しく車を購入する必要もありません。さらに廃車にするような状態の悪い車を買い取ってくれる買取業者も存在します。

 

便利でお得な車買取りですが、一部では業者とお客さんの間にトラブルが起きることもあるようです。その代表的なトラブルが重自動車税の還付についてです。

 

自動車税とは、車の所有者に毎年課せられる地方税の一種です。4月下旬〜5月上旬に納税書が送られてくるので、5月末までに支払わなくてはなりません。
そして、聞いたことがある人も多いでしょうが、自動車税には還付制度があります。自動車税は1年分をまとめて支払いますが、途中で車を処分した場合は月割にして残存期間に応じた額が還付されるという制度です。
車を買い取ってもらったけど、自動車税の還付はどうなったの?という疑問も多く、買取業者ともめるケースも少なくはありません。

 

自動車税の還付制度は原則として「廃車」にした場合のみに適用されると考えましょう。
廃車手続きをすることで後日、自動車税の還付通知書が送られてくるので、それに基づいて手続きをすることで残存期間分の還付が受けられます。ただ、売却をした場合は名義変更になるので、自動車税が還付されることは法的にはないのです。
では、損をしてしまうのかというとそういうわけでもありません。

 

ほとんどの車買取業者では、買取価格に自動車税の残存期間の税金を上乗せしています。つまり、還付という形では戻ってきませんが、結果としては買取業者からきちんと還ってきているのです。
不安な方は売却をする前に業者に還付について確認しておくと安心して取引ができるでしょう。