車買取 ローン

車買取をする場合のローンについて

車買取をする場合、ローン残高があったらダメ…なんてことはありません。

 

ローンが残っていたとしても車買取は可能なのです。ただし条件があります。ローンの完済は必ず行わなければいけません。車買取では名義変更が必須ですので、車の所有権を持っていることも必須です。

 

つまり、車の所有権がクレジット会社やディーラーになっている場合、一度所有権を自分が持つためにローンを完済するわけです。そうしてから、車買取のために所有権の解除を行う、という流れになります。
車買取業者へ買取りをお願いする場合、ローンの完済方法はいくつかあります。例えば、ローン残高が車買取買取金額より少なかった場合、車買取金額からローン完済までの金額を支払い、残りは受け取る形になります。逆に、ローン残高が車の買取金額より多かった場合もあります。その際は、ローン完済までの差額を支払うか、差額を支払えないようならローンを組んで完済するか、ということになります。

 

このように完済についての違いはありますが、ローンが残っていても車買取をすることには問題ないということが分かるでしょう。ローンが残っているかどうかは車検証の名義欄を見ればわかりますので、車買取の前にチェックしておいてください。