車を売る時の注意点

車を売る時の注意点

車を売る時の注意点を紹介します。
トラブルを防ぐためにもしっかりと踏まえておきましょう。まず修理歴のある車は事前に正直に申告しましょう。隠して査定を受けて、後に発覚した場合は致命的なトラブルになりかねません。

 

特に車の基礎となるフレームに修理暦がある時は要注意です。その場合は事故車扱いになるのですが、それを申告せずに事故無し車と判断されると、後で大きなトラブルを引き起こします。大きく減額されてしまいます。事故歴など気になる点がある場合は、正直に査定士に報告しておきましょう。また車を売る時には、整備点検記録簿をしっかりと備えておきましょう。

 

車内の忘れ物が無いかもしっかりと確認することを忘れないでください。特にETCカードやCD・DVDの抜き忘れが多いので注意しましょう。また不用品の置忘れにも注意が必要です。なぜなら査定の印象が悪くなり、処分費用として査定額から引かれてしまう場合もあります。車を売る時には空っぽにしておきましょう。