違和感と異常

違和感と異常

買い物用に乗っていたワンボックスカーですが、気付けば10年以上これといった故障もありませんでした。
距離も走っていませんでしたし、大事に乗っていましたつもりです。
ところがそんなある日、いつものように買い物がてら運転していると、違和感をおぼえました。
かたかた音がするのです。
長い間乗っていたため、どこかに不具合が生じているなと思っていましたが、音も鳴ったり鳴らなかったりでさほど気にも留めませんでした。
しばらくそのままにしていたところ、音が常時鳴り、おかしいなと感じた時にはフロントタイヤのボルトが二本ほど折れてなくなっていました。
他も緩んでいたので、締め直すと一旦静かになりますが、またすぐに音が始まり、ボルトが緩む状態になっていました。
自宅に戻った時には二本しか残っていなかったのです。
タイヤが外れる!と早急に修理を依頼し、直して頂きました。
修理の方いわく、運ぶ時にはラスト一本でタイヤが繋がっている状態だったそうです。
一本外れた時点で全てのハブボトルがダメになっていたはず。
限界の中で自宅に戻ったのは危なかったと。
ハブボトルは全て交換していただきました。
違和感や異常を感じたら、放置せずにすぐに点検だと改めて実感した出来事です。