車の売却で気になる傷について

車の売却で気になる傷について

車の売却で気になる傷についてですが、外装に傷やへこみがあると、査定にマイナスとなりそうですよね。 しかし、いくら丁寧に車に乗っていても、小さな傷はついてしまいます。

 

普通に乗車していてついたであろう、年数相応の傷については、それほど査定にマイナスとはなりません。
それでも、査定を受ける前には、洗車してきれいな状態で車をチェックしてもらうようにしましょう。 洗車して、コンパウンド入りのワックスで外装を磨くと、小さな傷は目立たなくなることもあります。 カー用品店などで、車種別の色に合ったマジックペンタイプの塗料が売っているので、ちょっと塗装がはがれているところを自分で修正することもできます。

 

ただし、あまり自信のない方は無理に自分で修正せずに、そのままの状態で査定に出しましょう。
また、自分では修正不可能な大きな傷も、そのままの状態で査定に出しましょう。 わざわざ修理に出す必要はありません。
修理に出した分の金額が、査定にプラスされる可能性は低いからです。 車の傷は、自分で修正できそうな小さな傷だけ修正して、査定の前に、洗車してワックスをかけ、車内清掃も忘れずにすることが、査定士への印象が良くなり、査定にプラスとなるでしょう。

 

カーセンサー ズバット車買取比較 かんたん車査定ガイド

リクルート運営の安心サイト! 

車の総合サイトで買取相場をチェック

超有名な車一括査定比較サイト。

最高10社の比較が可能です!
安心でユーザーも多数

たった数秒で入力完了!

最高10社の査定が分る事で人気のサイトです。

 

※楽天ショッピングを使うユーザーには、楽天の一括査定が人気!  見積もりで5ポイントゲット! 成約で5000ポイントのゲット〜

 

>>愛車を高く売りたいなら楽天で一括査定!